HOME > 実験機

実験装置 Equipment

日新技研では各種材料開発及び、新規装置導入を検討しているお客様を対象に 用途に合わせた実験装置を用意しております。
実験方法、費用等は、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
また、下記装置以外にも各種実験が可能です。詳細についてはお問い合わせください。

新素材 New materials

真空溶解装置

真空溶解装置

高周波誘導加熱により、高真空中または不活性雰囲気中において溶解および鋳造が可能です。
  • 溶解量:鉄換算500g~5kg
  • ルツボ:アルミナ,カーボン,マグネシア等
  • 到達真空度:10-2Pa台
  • 溶解温度:常用1600℃
  • 高周波電源:20kW
ガスアトマイズ装置

ガスアトマイズ装置

溶融状態の金属に高圧のガスを噴きつける事により粉末を作製する装置です。
  • 溶解量:鉄換算1kg~2kg
  • ルツボ:アルミナ,カーボン等
  • 到達真空度:10Pa台
  • 溶解温度:常用1600℃
  • 高周波電源:20kW
大気連続鋳造装置

大気連続鋳造装置

溶融状態の金属を引き出すことにより、丸材、板材を鋳造する装置です。
ご希望のダイス等ありましたら弊社にて設計制作が可能です
  • 溶解温度:常温1000℃
  • 高周波電源:20kw
冷却急冷凝固装置

冷却急冷凝固装置

液体急冷法により急冷薄帯および薄片金属が容易に作製できる装置です。
  • 溶解量:鉄換算10g~50g
  • ノズル材質:石英、BN等
  • 溶解温度:常用1600℃
  • ロール回転数:MAX5000rpm
  • 高周波電源:10kW
真空アーク溶解装置

真空アーク溶解装置

溶解用アーク電源を使用し合金を作製する装置です。
傾角鋳造装置ではアーク溶解から鋳造可能です。
  • アーク電源:300A
  • ハース形状:φ35×10t、φ25×10t、φ15×10t
  • 鋳型形状:φ10×60L
  • 御希望のハース及び鋳型形状がありましたらご相談下さい
メカニカルアロイング装置

メカニカルアロイング装置

メカニカルアロイング法により、ボールミルが可能な装置です。
  • 雰囲気:真空またはガス雰囲気
高周波加熱装置

高周波加熱装置

自社設計製作の高周波電源および加熱コイルを使用した加熱装置です。
試料の形状、加熱温度を元に弊社にて実験用加熱コイルを製作し昇温の確認が可能です。
  • 公称出力:5~200kw

結晶 Crystal

酸化物単結晶引上装置

酸化物単結晶引上装置

CZ法により、単結晶の引上が可能な装置です。
超小型タイプと大口径タイプの2種類を用意しておりますので少量~φ4インチまで実験が可能です。
  • 雰囲気:Ar、N2、O2

電子ビーム Electron Beam

電子ビーム溶解装置

電子ビーム溶解装置

蒸着物質に対して電子ビームを照射し、再現性のある蒸着が可能です。
自社設計製作のEB源および電源の為、用途に合わせたカスタマイズが可能です。